News
ホーム » カメラ関連アイテムレビュー » 買ったら終わりじゃないよ?カメラのファームウェアを最新にしよう。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

買ったら終わりじゃないよ?カメラのファームウェアを最新にしよう。

デジタルカメラを最新に蘇らせる方法が、ファームウェアのアップデートです。ファームウェアとは、カメラに組み込まれている基本ソフトウェアで、人間で言うと頭脳にあたります。このファームウェアを最新版に更新することによって、カメラの性能が改善し画像の品質を向上させることができます。

パソコンとカメラ(メモリーカード)があれば、5分もかからずにアップデートできてしまうので、時間があれば確認してみましょう。

ファームウェアのアップデートは1年から数年に1度しかないので、私もすっかり忘れておりました。つい先日いくつかのカメラを最新ファームウェアにアップデートし全て新しいソフトウェアに更新されました。ファームウェアをアップデートすることで、オートフォーカスの追従性が向上したり、カメラのバグを解消したりと、明らかにカメラの性能が向上するので、定期的にアップデートしましょう。

 

まずはカメラのファームウェアのバージョンをチェック

  1. メーカーのWEBサイトにあるファームウェア情報から最新ファームウェアのバージョンをチェック
  2. カメラの設定メニューにあるファームウェアバージョンをチェック
  3. 新しいファームウェアバージョンが出ていればアップデート作業をしよう

ファームウェアのアップデート方法

  1. メーカーのWEBサイトからアップデートされた最新ファームウェアファイルをダウンロード
  2. ダウンロードした最新ファームウェアファイルをカードリーダー経由でメモリーカード(いつも撮影で使ってるカード)にコピー
  3. 最新ファームウェアファイルが記録されたメモリーカードをカメラに挿入し、アップデート作業を進める。(OKボタンを押すだけ)

詳しいアップデート方法はメーカーのWEBサイトに書いてあるはずですが、おおよそ5分もあれば終わる作業です。

 

 

コメントを残す