速報
ホーム » 私のレンズ » NIKON AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

NIKON AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

ニコン大三元レンズの一角を担う標準ズームレンズ
NIKON24-70mmF2.8

私のレンズラインナップの中で最も利用頻度が高いレンズである。

Good

  • 標準ズームのフラッグシップモデル
  • 24mm,28mm,35mm,50mm,60mmの単焦点を揃えるに値するとも言われる画質
  • 防塵防滴、ナノクリスタルコート、EDレンズ採用の贅沢仕様
  • 標準ズームの常識を超える緻密な描写性能
  • オートフォーカスは高速かつ正確に合焦
  • スナップ、ポートレート、風景といったオールジャンルの撮影を高い次元でパフォーマンスを発揮してくれるオールラウンダー

Bad

  • デカイ、高い、重い

オススメ対象者

画質に妥協したくないならこの一本はオススメだし、標準域のズームレンズの中では多少設計が古いもののトップレベルの性能・画質である。この重さ・価格・大きさから考えれば、このレンズは相当の期待を背負っているわけだが、その期待を遥かに上回る高画質な写真を生み出し、シャープで高いコントラストを実現している。

標準ズームレンズとして高い次元でバランスしているオールラウンダーであるがゆえに、ニコンボディホルダーなら万人にオススメできるレンズである。

価格

メーカー希望小売価格:¥260,000

実売価格:¥180,000

発売日

2007年11月

競合商品:SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM 比較

NIKON AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの半分以下の値段で手に入る標準ズームレンズ。軽くて安いのが特徴であるものの、それ以外にこのレンズを買うメリットは無さそう。手元にあるわけではないので比較できないが、どこの情報源を見ても比較する相手では無さそう。ただし、あくまでもF2.8通しズームレンズのフラッグシップとして比較した場合に限るわけで、標準ズームレンズの利用頻度が高くない人にとっては検討の余地ありか。F4かそれ以上に絞って使うなら、このレンズでも極上の画質とも言われている。

 競合商品:TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD 比較

描写性能では純正NIKON AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDにも勝るとも劣らないと言われており、光学系も操作系も十二分に高性能。価格面でもニコン純正の半値近いわけなので、防塵防滴仕様、AFの速さ、最大撮影倍率、純正の安心感に付加価値を感じて8万円を追加投資できるならば純正がよろしい。タムロンにあってニコンにないもの、それは手ぶれ補正。これをどう捉えるかがこの2本のレンズ選びの判断基準になる人も多いだろう。

 

基本仕様
対応マウント ニコンFマウント系 レンズタイプ ズーム
フォーカス AF/MF レンズ構成 11群15枚
絞り羽根枚数 9 枚 焦点距離 24~70 mm
最短撮影距離 0.38 m 最大撮影倍率 1/3.7 倍
開放F値 F2.8 画角(35mm換算) 84~34.2 度
フルサイズ対応 最大径×長さ 83×133 mm
フィルター 77 mm
サイズ・重量
重量 900 g

購買履歴

このレンズは日本に一時帰国していたときにD800と同時に購入した。年末に差し掛かる前に上海からネットで注文して、日本で受け取った。この機会を逃すと半年先になってしまうので最安値ではなかったが時間をお金で買ったと思えば良いか。久々のレンズ購入で写真の楽しみが一気に爆発し、レンズ沼への道も加速の一途を辿ってしまった。この後すぐに70−200mmに触手が伸びてしまった。レンズ一本に大枚を叩いたわけだし、プロフェッショナルな領域でも頻繁に利用されているこのレンズを持ったら、あとは腕を磨いてせっせとシャッターを切るしかないなと気が引き締まる。

大三元レンズの標準域を担当

世界共通か特定の界隈だけのフレーズか知らないが、ニコン・キヤノンには大三元レンズと呼ばれるレンズ群がある。f値2.8通しの大口径ズームレンズがそれだ。

ニコンの大三元レンズとはこの3本を指す。

  1. AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
  2. AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
  3. AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

ご覧のとおり、広角14mmから望遠200mmまでを3本のレンズがf2.8通しで貫いてくれる弩級のレンズラインナップである。家電量販店の年始福袋の100万円コースにはこの3本とカメラボディがついてくるのが恒例だ。雀士なら一目瞭然、麻雀用語の役満の1つである大三元にかけて3本揃ったらツモ、2本保有でリーチと言ったりする。

 

関連リンク集

ニコン大三元レンズの一角を担う標準ズームレンズ 私のレンズラインナップの中で最も利用頻度が高いレンズ…

Review Overview

操作性
表現力
携帯性
コストパフォーマンス
クチコミの多さ

もう一本!

出動率ナンバーワンのオールラウンダーレンズ。これで撮れない写真を探すのを苦労するくらい何でも撮れる。あぁ最高。

User Rating: 3.55 ( 1 votes)
91

コメントを残す