News
紗栄子2

紗栄子、二児の母にしてこの美形。2014年セミヌードを振り返る。

紗栄子はタレント、モデル、女優、ダルビッシュの妻、前澤友作の元カノ、実業家と様々な顔をもちます。過去を知らない人にとっては、ママタレントのインスタグラマーという印象でしょうか。最近では、バストケアクリームのイメージモデルに起用されるなど、その美形は女性の憧れの対象です。

紗栄子

ここでは2014年に発売された紗栄子の過激セミヌード写真集『EPISODE 1』(宝島社) を振り返りたいと思います。この写真集は紗栄子のファースト写真集です。まだ数年しかたってないのでお宝プレミアム写真集とはなりませんが、いまでも見ごたえのある当時27歳にして二児の母の紗栄子の懇親の作品です。オークションに出せば、ほぼ売れる写真集で、それだけ老若男女から愛されている作品といえます。

紗栄子2

表紙から中身まで、全てフランスで撮影されたセミヌード写真集は、どこをみても美しさが溢れんばかりです。この紗栄子エピソード1は、女性のためのグラビアという新しい位置づけで、紗栄子に憧れる女性たちに向けたグラビア写真集となっています。中古写真集市場では、どちらかというと男性が買っている印象がありますが、本来は女性向けのグラビア写真集です。発売当時(2013年年末)、紗栄子はオフィシャルブログで写真集発売の告知をしておりましたが、コメントの大半は女性たちによるメッセージでした。同性に嫌われていると言われますが、実際は女性たちの憧れの対象という印象をうけます。実際に、初版の販売数量の8割が女性ファンによる購入だったようなので、紗栄子の目標どおりになったようです。。

一方で、男性目線での写真集評価は、甲乙つけがたいです。というのも、フルヌードではなくセミヌードです。ヒップラインを強調したカットが多く全然物足りないと感じるかもしれません。若干アーティスティックに撮りすぎたせいか、男性ウケする写真集とは言い難いです。企画から女性ファン向けの写真集なので男性目線の評価が低いのは当たり前ですね。新品ではなく中古でよく出回っているので、ぜひご覧くださいませ。