News
ホーム » カメラ関連アイテムレビュー » Nikon D810を発表!D800・D800Eの後継機がついに!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Nikon D810を発表!D800・D800Eの後継機がついに!

U8359P2DT20140626132232 NIKON D810

FXフォーマットのミドルレンジモデルD810が7月中旬に発売開始

ニコンから新しいFXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ「D810」が発表されました。D800とD800Eの進化版で、撮像素子が刷新され、内部機構を一から見直したとのことです。価格はボディのみで35万円程度になるそうです。発売開始は7月中旬!

レンズキットにはAF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRが付属し、こちらは40万前後。

D810のキーコピー

高い鮮鋭感と豊かな階調性を誇るニコン史上最高画質のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D810」

D810は、D800やD800Eから更に、鮮鋭感のある高画質撮影を求めるフォトグラファー用に開発された史上最高の画質のカメラです。

D800/D800Eからの変更点を箇条書きでピックアップ

  • D810はローパスフィルターレスモデルのみ。
  • 追加された機能の1つである「ハイライト重点測光」は、ハイライト部分を基準として、ハイライトの白とびを抑える露出モード。
  • 有効画素数は3653万画素で、23万画素UP
  • 常用感度がISO64-12800までに拡張
  • RAWサイズの選択が可能になった
  • 連続撮影速度は約5コマ/秒と1コマ増加
  • 液晶モニターはドット数が増えて、92万ドットから122.9万ドットへ
  • 重量は20g軽量化
  • D4sと同じ画像処理エンジン「EXPEED4」を採用

・D810のメーカーページ

 

2012年3月に発売されたD800から約2年の時を経て、正常進化版のD810が登場しましたね。ローパスフィルターレスモデルですし、ISO64、新開発のCMOSセンサー、画像処理エンジンも新たになっておりますので、もはやフルモデルチェンジと言っても過言では無さそうです。

D800ユーザーとしては、買い替えチャンスかもしれないですが、D4s買ったばかりだし我慢ガマン。私の誕生日にニコンから発表とは、なんだか嬉しいです。

コメントを残す