News
ホーム » ライフログ » 上西小百合衆議院議員の写真集は、怖いもの見たさで買いが殺到してる件
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
上西小百合

上西小百合衆議院議員の写真集は、怖いもの見たさで買いが殺到してる件

上西小百合議員が写真集を出版するらしい

維新の党を4月に除名された現役の衆議院議員が写真集を出す。写真集は自叙伝との位置付けで、除名の経緯について触れており、しまいにはグラビア風の写真も掲載している。上西小百合(うえにしさゆり)議員は、二期目の議員で「浪速のエリカ様」の愛称を持つアイドル議員である。

現職議員の写真集出版に非難の嵐

議員のセクシーショット掲載フォトブックとあって、怖いもの見たさに双葉社には予約が殺到している模様で、重版が検討されている模様。ただし、これは上西小百合よりも衆議院議員のセクシーグラビアという肩書が購買意欲をそそる写真集だと思われる。

世論には衆議院議員は写真集を出す前に政治をしっかりしろと、そういう批判が多い。除名騒動のときも維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)に議員辞職を求められながらも拒否し、歳費や特権を持つ国会議員にしがみついていた。同じ女性からも冷たい視線が注がれており、「議員の資格なし」との手厳しい批判もあがっていた。

上西小百合

誰もが世論の反応は予想出来たはず。にも関わらず出版に至ったということは、騒動を逆手に取った炎上商法だと見れば、彼女の勝利だと考えられる。除名騒動からめっきりメディアで取り上げられることもなくなったし、この写真集発表で一気に売名できたのだ。

浪速のエリカ様ご本人は出版の経緯をこう語る

この写真集出版にあたって当の本人はこう語っている。政治活動を全うするために、そして政治にかける思いを伝えるために写真集を出版したと。さて、その思いを伝えるために写真集という形がベストだったのだろうか、身体を見せるまえにやるべきことがあったのではなかろうかと思う。

「当時は、週刊誌などに、勝手な憶測で“不倫旅行”というような多くの事実無根の記事を書かれ、政治活動にも影響が出ました。私には今後も議員として出産や子育て支援、シングルマザー対策などの問題に真剣に取り組んでいく覚悟があります。

そのためには『体調管理の不行き届きが本会議欠席に繋がってしまったことを心から反省し、本当の自分、そして政治にかける思いを伝えなければ』と考えて出版を決意しました。国民の皆様に私の声をお届けしたいと思います」

 

コメントを残す