News
ホーム » フォトログ » 佳子さまのアイドル扱いを批判する人は、皇族の歴史を知らないだけ。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

佳子さまのアイドル扱いを批判する人は、皇族の歴史を知らないだけ。

佳子さまが20歳になられたご成年記念に写真集発売

秋篠宮文仁親王殿下の第二女子である佳子さまのご成人を記念した写真集がアサヒオリジナルから出版される。美しすぎる皇族として有名な佳子さまの写真集とあって、ネット界隈ではお祭り騒ぎとなっている。厳密にいえば、佳子さまだけの写真集ではなく、秋篠宮家の25年のあゆみを綴ったものであるものの、これは佳子さま写真集として位置づけられている。1000円以下で買える写真集として、カテゴリでベストセラーになっているほど大人気。

佳子さまアイドル 佳子さまアイドル

佳子さまアイドル

イケメンだろう一般庶民には雲の上の存在の佳子さまは、最近世界中でも大人気の皇室アイドル。そんなアイドル娘を子に持つ紀子さまは気が気でないだろう。サークル活動を禁止したり、恋人と会うのは原則として学校と自宅だけ、ふたりで会うのは禁止、時間帯は昼間のみで夜会うことは許されない。

佳子さま写真集

 佳子さまに対してアイドル視するのは、無礼なことなのだろうか?

いつの頃だろうか、ネット界隈では「佳子さま萌え」を自認する熱烈なファンが増えだした。まさに巷のアイドルのような人気ぶり。とはいえ、仮にも内親王殿下に対して、そのようなファン目線を送ることが畏れ多かったり、不敬、無礼と思う部分もある。特に年配の方々の意見は、そのような意見が多いと聞く。

皇族の方々へのアイドル視は、今に始まったことではない

しかし実は、そのようなアイドル視は今に始まったことではないのは知られていない事実。特に戦前の時代、一般庶民はまるでアイドルに憧れるように、皇室の方々が載った雑誌に夢中になっていた。最先端の洋装を取り入れた皇族方は、今で言うなら”超セレブ”。今のようにアイドルやファッションアイコンが多数いる時代ではないから、皇族の方々は雲の上の存在であると同時に、ファッションリーダーとして機能していた。

ゴルフやテニス、スキーといったスポーツが日本で普及したのは、皇族の方々がヨーロッパから率先して取り入れてファッションリーダーとして機能していたおかげであることも事実。今の佳子さまの人気ぶりによって、日本社会に新たな何かが芽生えるかもしれない。