News
ホーム » フォトログ » シュールすぎる写真たち。反面教師にしたい子ども写真の撮り方はこれ。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シュールすぎる写真たち。反面教師にしたい子ども写真の撮り方はこれ。

いろいろとシュールすぎる子ども写真

家族写真共有サイト「Awkward Family Photos」が紹介している写真には、シュールすぎる写真が多い。ここでは、シュールすぎる子ども写真をピックアップしてみた。こどもの記念撮影と思われる写真は、ポーズを決めて目線はレンズにビシッと合ってるのだけれど全ての写真がシュールすぎる。

親としては子どもの写真は一番かわいく撮りたいはず。だからわざわざポーズを決めて、写真館にでも行ったのだろ。でも、どうやらこれらの写真たちはそんな親心をくみ取っているとは思えないシュールすぎる写真だ。例えば、くしゃくしゃ頭の少女や、どういうセンスで合成したのか分からないクラリネット少年、子どもとは思えないような少年など、どうみてもシュールすぎる。

 

▼この合成はアリなのか?シュールすぎる

シュールすぎる写真
▼もうちょっとこう、髪の毛くらい整えてあげてよ、、シュールすぎる シュールすぎる写真

▼静電気かよ?シュールすぎるシュールすぎる写真

▼まずは後ろ!後ろを片付けて!!シュールすぎる シュールすぎる写真

▼父さん、撮影諦めようよ。シュールすぎる シュールすぎる写真

▼こんな状況でよく笑顔がでるね、シュールすぎる シュールすぎる写真

▼三つ編みを隠したらもはや男子??シュールすぎるシュールすぎる写真

▼まさかの10代?シュールすぎるシュールすぎる写真

▼なにこの貫禄、シュールすぎるシュールすぎる写真

世の中のシュールすぎる写真をかるく超える子どもたちのシュール写真たち。ちなみに、シュールシュールと連発してるけど、シュールの意味をはっきり言って理解してない。簡単に調べてみたけど、「現実離れした感じ」、「理屈では説明できない感じ」、「難解で珍しい感じ」、「幻想的な感じ」、「意外な感じ」など、非日常的なものを指す言葉だって。

まさに、この子どもたちは現実離れしてるし、理屈では説明できない写真だからシュールすぎる写真として合ってると思う。