News

ビキニ姿の61歳女性をカレンダーにする時代、宮崎ビキニ61を考える

宮崎ビキニ61歳

芸能生活40周年、おめでとうございます。記念して女優の宮崎美子がカレンダーを発売した。現在、61歳の宮崎美子はビキニになった。61歳女優のカレンダーを自宅に飾るなんて、と思っていたけれど飾りたくなる。これは素晴らしい作品である。今回のカメラマンは篠山紀信だ。美魔女と篠山紀信の相性は抜群である。確か、宮崎美子のデビューも篠山紀信による雑誌表紙だった気がする。そのとき、彼女は法律を学ぶ大学生だった。そこから、女子大生タレントとして地方の番組レポーター、女優へと進んでいった。

学生時代の宮崎ビキニ

80歳のカメラマンが60歳の女優をビキニにさせ、30代の男子が喜んでいる。アラサー、アファフォー、アラフィフ、そしてアラカンの時代だ。むかしのイメージの60歳というと、おばあちゃん。でも、いまの60代の方々っておばあちゃんって単語は相応しくない。若いんです。だから、このようなカレンダーが出る。

「宮崎美子 40周年 カレンダー&フォトブックセット」は限定生産商品で予約受け付け中。価格は6000円(税別)とちょっとお高い気もするが、急いでかいましょう。なぜなら、Amazonも楽天も堂々のカテゴリ1位である。需要は巨大だ。予約殺到中で、急がなければ、これからこのような60歳のビキニは拝めないかもしれない。