News
ホーム » ライフログ » 南くんの恋人が4度目のドラマ化。過去3回を振り返って、見どころを探そう。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

南くんの恋人が4度目のドラマ化。過去3回を振り返って、見どころを探そう。

南くんの恋人が山本舞香・中川大志を主演に迎え4度目のドラマ化

南くんの恋人のストーリーは4度目のドラマ化なので改めて紹介することは無いが、簡単に言えば高校3年生の南くんと、身長16cmになってしまったちよみの恋と同棲生活を描いたラブストーリ。原作は『月刊漫画ガロ』で1986年10月号から1987年6月号にかけて連載されていた漫画。

テレビドラマ第一作の主役と視聴率

1990年にTBS系列のドラマとして石田ひかりと工藤正貴を主役に迎えたのが第一作目。平均視聴率は13%でまずまずだった。1990年、94年、2004年と3度にわたりテレビドラマ化される礎を築いたドラマであるが、どうしても第二作目のほうが印象が強い。

テレビドラマ第二作目の主役と視聴率

第二作目は一作目から4年後の1994年にテレビ朝日系列で高橋由美子と武田真治が主役を務めた。ドラマ全盛期だったこともあり、今考えれば豪華ラインナップの演者たち。草刈正雄、高田純次、西田ひかる、千葉麗子が主要キャストとなっていた。

このテレビドラマ二作目が好視聴率を獲得したのを覚えている。第一話が18%を記録し、その後少し落とすものの平均視聴率が15.6%と好視聴率で終えた。世代にもよるが、南くんの恋人といえば高橋由美子と武田真治の第二作目を思い出してしまう。それくらいインパクトのあったドラマ。

テレビドラマ第三作目の主役と視聴率

南くんの恋人

 

南くんの恋人三作目となるのは二作目と同じテレビ朝日系列で放送されたバージョンである。主役は嵐の二宮和也と深田恭子。こちらもキャスティングが豪華で田辺誠一、北村総一朗、名取裕子、西村雅彦が準主役級で登場していた。

ドラマ文化も陰りを見せている頃からか、ストーリーが同じなので飽きてしまったのか平均視聴率は10%を切って9.4%で終えた。主役の知名度は抜群だったものの第一話の視聴率が11%と優れず、そのまま同じような視聴率で終わった。

南くんの恋人4度目の主役は中川大志と山本舞香

4度目となる南くんの恋人は、今度はフジテレビ系で放映される。今回の主役は家政婦のミタの長男役だった中川大志(16歳)と14代目三井のリハウスガールだった山本舞香が抜擢された。原作のストーリーとの違いは、原作とちがって南くんが勉強ができて超イケメンというドラマ独自の設定。

中川大志

南くんの恋人の最終回の結末の違い

ネタバレになるが、南くんの恋人のラストは原作とドラマは全て違っている。原作は最終話では南くんとちよいは崖から落ち、南くんだけ助かる設定となっている。ドラマの武田真治と高橋由美子版では、ちよみが徐々に弱って消えてしまう設定。ただ、翌年に放送された特別編では神様によって復活したちよみと南くんが結婚する。

深田恭子と二宮和也版では、最終回で崖から落ちる設定は同じだが祖父の願いが家内、二人共助かる。そして、そのままの姿で幸せに暮らしていく。漫画としては名作と言われているので原作を読むことを強くオススメする。