News
ホーム » カメラ関連アイテムレビュー » シグマの新製品!!24mm F1.4 DG HSM Artが正式発売!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
シグマART新製品

シグマの新製品!!24mm F1.4 DG HSM Artが正式発売!

シグマからフルサイズ一眼レフ用の広角単焦点レンズ「24mm F1.4DG HSM Art」が発売

シグマART新製品

シグマのレンズライン「ART」から24mm/F1.4が発売される。発売日は未定だが、シグマファン待望の新作ARTラインがついに登場する。ARTライン単焦点レンズでは35mm f1.4/50mm f1.4が先に発売されていて、その評価は純正を凌ぐ描写性能でコストパフォーマンス抜群と言われている。この24mmも期待して良いだろう。

  • 星景にも都市景にも最適な、クラス最高の光学性能のSIGMA 24mm F1.4 DG HSMを発表。
  • サジタルコマフレア、色収差、歪曲収差、周辺減光などを追い込み、滲みや歪みのほとんどないクラス最高レベルの性能を実現。
  • ピントの合ったところの解像度を追求しながら、ボケ描写にも配慮。絞り開放からにじみのない高精細な描写を実現、自然なボケ味表現も可能。
  • FLDガラス、SLDガラスを採用、画面の周辺部で目立つ倍率色収差を徹底的に補正。
  • レンズの開口効率を上げ、口径食をできる限り低減させつつ光量を確保。
  • フレア、ゴーストに対する対策を徹底し、逆光のような強い入射光に対しても影響を受けにくい設計。
  • 希望小売価格(税別):127,000円、
  • 対応マウント:ニコン、シグマ、キヤノン用

24mm F1.4 DG HSM Artのライバルは純正24mm/f1.4。

シグマの新製24mm/f.14のライバルレンズは、キヤノンとニコンにそれぞれ君臨する純正の同スペックレンズだ。サードパーティ製レンズの醍醐味である価格面ではシグマに軍配があがる。両メーカーともこの単焦点レンズは評価が高いため、シグマの描写性能がどこまで純正に迫れるか期待したい。

ニコン編(24mm F1.4 DG HSM Artライバルレンズ)

AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

シグマ24mmの純正比較

シグマの24mm/f1.4 Artに対抗するニコンのライバル機種は、ナノクリスタルコートやSWMを備えた開放F値1.4の大口径広角単焦点レンズAF-S NIKKOR 24mm f/1.4G EDだ。

  • メーカー希望小売価格(税別):¥272,000
  • 発売日:2010年 3月19日
  • 市場価格:¥195,000(2015/02/11価格)

キヤノン編(24mm F1.4 DG HSM Artライバルレンズ)

EF24mm F1.4L II USM

シグマ24mm新製品のライバルシグマの24mm/f1.4 Art に対抗するキヤノン純正レンズは、UDレンズを採用した防塵・防滴構造の大口径・広角レンズであるEF24mm F1.4L II USMだ。発売が7年前と比較的設計が古いが、使用者の評価はすこぶる高い。

  • メーカー希望小売価格(税別):¥235,000
  • 発売日:2008年12月19日
  • 市場価格:¥180,000(2015/02/11価格)

 最近のシグマ新製品は評価が高いから期待値も高い

シグマレンズラインココ最近のシグマは、レンズブランドを再編成して3つのプロダクトラインに集約した。現在販売されているレンズは「ART」「SPORTS」「CONTEMPORARY」のいずれかに属する。今回発売される24mm/f1.4はARTラインに属するレンズだ。ARTレンズはシグマのレンズ技術全てを注ぐ最高峰のレンズである。

ARTラインの第一弾として登場した35mm/f1.4 ARTは、あらゆるレンズ賞を総なめにした純正レンズキラーとして有名。普通、純正レンズではなくレンズメーカーの交換レンズを選ぶ理由としては「純正レンズにない焦点距離」「描写性能」「価格」が大きな理由となる。

ARTラインは、24mm/35mm/50mmがラインナップされており「純正レンズにない焦点距離」は理由とならない。つまり「描写性能」と「価格」で勝負する本命レンズなのだ。そして描写性能において純正を超えるとまで評価されたレンズが、純正より格安で手に入るのだから純正キラーとして純正を駆逐している状況だ。

35mm/50mmが売れに売れている中で登場する24mm/f1.4への期待は否応なしにに高まるばかり。サジタルコマフレア、色収差、歪曲収差、周辺減光などを低減し、クラス最高レベルの光学性能を謳うだけに、今回もまた純正キラーとして名を馳せることとなるだろう。



2015/02/18 追記

Sigma 24mm F1.4 DG HSM Artで撮影されたサンプル画像がありましたので、追記します。