速報
ホーム » ライフログ » キヤノンEOS 7D Mark II。あのロングセラーモデルがついにリニューアル。

キヤノンEOS 7D Mark II。あのロングセラーモデルがついにリニューアル。

キヤノンからAPS-C機のフラッグシップEOS 7D Mark IIが発表された

EOS 7D Mark II
EOS 7D Mark II

デジタル一眼レフカメラ「EOS 7D Mark II」を11月上旬に発売する。動体撮影に重きを置いた、キヤノンAPS-Cモデルのフラッグシップに位置する。キヤノンオンラインショップでの価格は、ボディ単体が20万8,000円、EF24-70L IS USM レンズキットが33万8,000円、EF-S18-135 IS STM レンズキットが24万8,000円。

2009年10月に発売された「EOS 7D」の後継機種。高速性能やAFに磨きをかけ、主に鉄道、スポーツ、航空機、鳥、自動車といった動く被写体をテーマに撮影する層をターゲットとする。撮像素子は有効約2,020万画素のCMOSセンサー。映像エンジンはデュアルDIGIC 6。EOS 7DではデュアルDIGIC 4だった。

最高約10コマ/秒の高速連写に加え、広いエリアでの測距と65点の全点でクロス測距が可能な優れたAF性能を兼ね備えている。約2,020万画素の新開発CMOSセンサーと映像エンジンを2基採用したデュアルDIGIC6により、静止画・動画ともに最高ISO16000の常用ISO感度を達成。被写体の顔や色を検知して追尾するEOS iTR AFと、高精度にAF追従するAIサーボAF IIIにより、高速連写とあわせて卓越した動体撮影性能を発揮。

奇抜さはないけど、前モデルからは全体的にレベルアップしている

初代の7Dの弱点を徹底的につぶした上で全体的にかなりのレベルアップをはかってきた機種。65点のAFや10コマ/秒など充実したスペックで、RATEボタンが残っている事やSDスロットがUHS-2非対応なのを除けば文句のつけどころはない。これで20万円台前半なら納得の値付けと言える。

前モデルの EOS 7Dは超ロングセラーモデルだった

EOS 7Dは、約1800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)と高性能映像エンジンを2個装備したデュアル DIGIC 4を採用したモデル。発売されたのが2009年の秋で、2012年に大規模なファームウェアのバージョンアップがあったものの、デジカメとしては異例の5年のロングセラーモデルとなった。何よりも高性能なのは当たり前で、価格と性能のバランスも良かった。

入門機からステップアップするときに手にするカメラとしてはこれ以上ないくらいの出来の良さだった。ディスコンになってからは毎日のように新モデルの噂が絶えなかった。だからこそ、このEOS 7D MARK2は大きな期待をもって迎えられたカメラなのである。


コメントを残す