News
ホーム » フォトログ » 上海のカメラショップがやっぱりカオスだった件
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

上海のカメラショップがやっぱりカオスだった件

上海でカメラ関連機材

 

上海にはヨドバシカメラはありませんし、カメラのキタムラもありません。あるのは上海最強と呼び声高い、カメラ関連機材専門のショッピングモール星光撮影器材城です。最強たる所以は、フルサイズ機がデモ機含めて置いてあることと、フィルムカメラや中古カメラや偽物アイテムの品揃えが超豊富だからです。それだけ?と思われるかもしれませんが、そうなんです。

ここで手に入らないカメラアイテムはは淘宝網でネット通販するしか手はないのです。各カメラメーカーの展示会も行われ、デジカメはもちろんフィルムの現像や婚礼写真の撮影まで行われていて、上海でカメラといえばここしかないほど最強な店舗です。

星光撮影器材城は上海最強のカメラショップなのか?

上海には三大カメラ市場と言われる黄金のトライアングルがございますが、その中でも長男と言われるのが星光撮影器材城です。「星光撮影器材城(魯班路駅付近)」 「环龙照相器材城(上海駅付近)」 「上海双英摄影器材批发市场(大連路駅)」この3店舗が3兄弟です。ここ以外でフルサイズ機のデモを触ったりレンズを試し撮りするには各メーカーのサービスセンターに行くしかありません。

星光撮影器材城は上海の中心にあるカメラ屋

上海市内を走る南北高架道路と並行している「魯班路」と「斜土路」の交差点にあります。確か地下鉄「魯班路駅」から徒歩5分だった気がします。自宅からはバイクで10分程度と近所なもので、よく足を運んでおります。立地でいうと、池袋のビックカメラ的な感じです。

星光撮影器材城のテナントの仕組みはどうなってる?

ニコン売り場。と言ってもNIKON社が運営する店舗ではなくて、NIKONCHINA社から販売許可を得た会社が運営しています。特に1Fは販売許可書を持っている店舗が多いのが特徴です。その代わり、淘宝網や2Fより値段が高いのが特徴です。
ニコン売り場。と言ってもニコン中国社が運営する店舗ではなくて、ニコン中国社から販売許可を得た会社が運営しています。特に1Fは販売許可書を持っている店舗が多いのが特徴です。その代わり、淘宝網や2Fより値段が高いのが特徴です。

日本の専門ショッピングモールと同じで、テナント店舗はビルのオーナーにテナント料を払う仕組みになっています。1Fはキヤノンニコンを中心にカメラ専門店が並んでおり、2Fは三脚やレンズ、フィルムの店舗が多いです。3Fより上階はプロ用のストロボやビデオ関連製品、中古屋がテナントとして入っています。

カメラボディやレンズに限ればニコンかキヤノンのいずれかの商品を取り扱う店舗が大半で、この2ブランドを併売する店舗は少ないです。どの店舗も置いてある商品はほとんど同じです。三脚はBENROが専門店を持っており、その他は各店舗が数本だけ置いてある程度で、無名ブランドとGITZOが値札10倍で並び合うカオスな光景です。

カメラストラップ等のアクセサリーも明らかな偽物Nikon/Canonネーム入りストラップと、ショーケースに入った恐らく本物のアルティザン&アーティストが並んで置いてあるようにこちらも比較的カオスな雰囲気です。

星光撮影器材城の品揃えはまずまず

フィルム売り場。喫煙OKの店舗も多く、タバコを吸いながらカメラ談義に花を咲かせ、和気あいあいとした店舗経営が魅力ですね。
フィルム売り場。喫煙OKの店舗も多く、タバコを吸いながらカメラ談義に花を咲かせ、和気あいあいとした店舗経営が魅力ですね。

星光撮影機材城の品揃えは、このような対比表をもとにお伝えしたいと思います。

比較項目D3300D4sひとくちめも
1:画素数24メガピクセル16メガピクセル決して高画素数ではないのがフラッグシップ(他メーカーも同じ)です
2:重さ430g1350g約1キロ、3倍も違います
3:大きさ923cm³2285cm³体積も2倍違います
4:フラッシュ搭載しているしていないフラッグシップに付属フラッシュなどいらない。焚くならストロボです。
5:防塵防滴仕様いいえはいマグネシウム合金の防塵防滴仕様です
6:値段5万円切り50万超えもっと安く買いたいです
7:バッテリーパワー1500mAh2500mAh付属の充電器は予備バッテリーも同時に充電できます
8:Wifiはいいいえ
9:手ぶれ補正はいいいえボディ内蔵の手ぶれ補正がついています
10:HDRモードはいいいえハイダイナミックレンジ撮影が可能です
11:デュアルカードスロットはいいいえメモリーカードのスロットが2つついています。
12:撮像素子APC-Cサイズフルサイズセンサーサイズが違います
13:連写撮影5コマ/秒11コマ/秒
14:ファインダー形式ペンタミラーペンタプリズムプリズムは光学ガラスの多面体です。ペンタミラーは鏡の組み合わせです。

数だけ言えば豊富ですが、小さい店舗がジャングルのように並んでおり同じ商品がどの店舗にもあるので純粋な商品SKUでいうと少ないです。隣接店舗の価格差は少ないので、一体何で差別化してるのか不明です。ユーザーとしては100円のカメラマン用手袋(指だけ穴空いてる手袋)など日本では手に入らない商品も豊富なのでお宝探し気分で楽しめるジャングルモールです。

星光撮影器材城の営業時間はどうなってる?

朝は9時から営業開始ですが、夜は早めの7時終了。世のサラリーマンが平日立ち寄るには至難の業で、一体誰向けなのかと疑ってしまいます。

星光撮影器材城で売ってる商品は安いのか?

※価格調査は2014年の6月現在の中国大陸用価格(香港版ではない正規品)であり、日本価格は価格コムの最安値を参考にしています。

ここが世界中のカメラマンにとっては最重要なポイントです。結論から言うと、日本より安い商品も数多く存在しているということ。別の記事で書いたように、NikonD4sは日本より安いです。一方で、たとえばTamron 90mm Macroレンズは日本より1.4倍の値付けでした。

GITZOやManfrottoのような欧米製の品物は日本よりはるかに高いです。キヤノンやニコンの純正レンズは日本より高い傾向にあるものの、Nikon 70-200 F2.8 VR や Nikon 50mm F1.8は日本と同じ価格帯でした。さらに、香港から輸入している香港版は全体的にさらに10%安く、メーカー保証無しであれば日本より安く買うこともできます。また、領収書をもらう場合はさらに数%上乗せされますので注意が必要です。

星光撮影器材城で買うべきものは?

日本で買うより上海で買うほうが安い商品をピックアップしてみました。

  • 消費期限が切れた格安のフィルム(日本では販売されてないものもあると思う)
  • 100円程度で売られているレンズキャップなど撮影に影響が無さそうなアクセサリー
  • 日本より安い、正規品のレンズやカメラ(香港版は安いけれど、メーカー保証は無し)
  • 韓国製や中国製ブロワーといった、日本で手に入らないオモシログッズ
  • LEDライトやレフ板など、日本より圧倒的に安い撮影関連商品
  • 高品質で激安な防湿庫

星光撮影器材城で買うべきではないものは?

逆に毎週通い続けて色々勉強した結果、買うべきではないと判断した商品はこちら。

  • もし不良品だったら撮影にクリティカルなダメージを与えるメモリーカード類
  • 素人の眼力では、真贋が判断できないプロテクトフィルター類
  • 日本で新品で買うより高い中古レンズ

明らかな偽物フィルターの見分け方1

つい先日、67mmのプロテクトフィルターを買いに訪れMade in Japanだと言うフィルターをオススメされました。フィルターのブランド名は、

Polo Club

カメラ専門店でオススメされるフィルターがポロクラブってあるんですか?まかりなりにもSigmaのArtシリーズ第一弾の35mm F1.4に装着するフィルターです、もう少しこだわってみたいと思いPoloClubは丁寧にショーケースに戻しました。その後、更に高品質と言われて出されたのが、

Jeep

衣料品ブランドの次は車ブランドを薦めてきますか。このあたりの感覚というかブランド認識は偽物というか、こちらはもはや脳内パニックです。何を買いに来たのか忘れてしまうくらいの衝撃だったので、何も買いませんでした。

明らかな偽物フィルターの見分け方2

xgfilter_png

そして別の日、衣料品と車ブランドのフィルター以外のフィルターを探しに再度星光撮影器材城へ。するとMade in Japan のHOYAブランドに見えなくもないレンズを渡され、真贋を確かめようと封を切っていざ開封してみると

生産地 玉埼県

もうこの時点で、この国でフィルターを買う気は失せました。 ただ、上海最強のカメラショップであることは間違いないですので、上海に出張の際には足を運んで下さいませ。