News
ホーム » ライフログ » ビヨンセのハプニング対応力を真似しよう。女子力をあげて強い女性へ。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビヨンセのハプニング対応力を真似しよう。女子力をあげて強い女性へ。

ビヨンセと言えば、代表曲「Crazy In Love」で有名なアメリカの世界的歌手

ビヨンセの身長は169センチと海外女性としては一般的な身長だけど、強い女性、パワフルな女性、カッコイイ女性の代表的キャラクターであるビヨンセ。彼女の歌詞や音楽性から滲み出る人格や、各パフォーマンスでの人間力、そしてハプニングにこそ出るビヨンセの本性から強い女性に備わる何かを学ぶことができます。それは男性でも女性でも同じです。ただ音楽を聞くだけではなく、ビヨンセからわたしたちは何かを学び取ることができるのではないでしょうか。

ビヨンセ歌手

世界の歌姫ビヨンセのプロフィール

元ディスティニー・チャイルドのメインボーカルだったビヨンセは今年で33歳。デビューから16年たった今でも世界中で大人気の歌姫で、今年の音楽授賞式2014 MTV Video Music Awardsでも、ビヨンセが特別賞(Michael Jackson Video Vanguard Award)を含む計4つのムーンマン像(トロフィー)を獲得するほど実力は衰えていません。歌だけではなくその美貌も世界の注目を集めています。

ビヨンセを困らせたロベルト・カバリの整形しすぎ写真

ビヨンセの整形みたいな写真

このポスター写真はイタリアのファッションブランド「ロベルト・カヴァリ」が、ビヨンセのツアー衣装を手がけた際に発表した写真です。左側の写真をみたら分かるように、全身がフォトショップ加工され過ぎてて、もはやビヨンセを使う意味あるのかと思います。

ビヨンセはワイルドな女性として人気なのに、なんか爪楊枝みたいな身体になっちゃいました。この写真がでたとき、相当な批判があったようです。ビヨンセ側も加工禁止契約をしていたのに、こんなフォトショップだらけになってご立腹だったはず。見る側も、こんな姿じゃ気持ち悪いですな。

ハプニング対応が神と呼ばれるビヨンセ

ビヨンセのこと、知ってるようで知らないので少しまとめてみました。ビヨンセは今年で33歳になるシンガーソングライターであり女優であり音楽プロデューサーでありダンサーでもあるマルチな才能をもつ歌手です。彼女の代表曲は「Crazy In Love」、「Single Ladies」、「Irreplaceable」など。

世界のオシドリ夫婦と呼ばれる彼女の夫はラッパーのジェイ・Z。ジェイ・ジーとの間に女の子の子どもがおり、出産後の体重が88キロで、そこから30キロダイエットさせて現在は58キロくらいと言われています。わずか産後10日間で9キロのダイエットをしたようで、ブヨンセからビヨンセに戻ったと自分で言ってましたような気がする。

ビヨンセと同じくらい有名な旦那のジェイ・ジーについて少しお話しますと、「俺は”ビジネスマン”じゃない、俺が”ビジネス”なんだ」と豪語するくらいビジネスライクなラッパーです。デビュー当時、CDを出してくれるレーベルが無い時期、自らロカフェラ・レコードを立ち上げて億万長者への道を駆け上がっていったことは有名な話です。

ミュージシャンJAY-Zの出生秘話からヒップホップ帝国を築くまでを知りたい方はこの本が超おすすめ

世界一稼ぐビヨンセとジェイ・ジーカップルの超豪華な暮らしぶり

世界で最も稼ぐカップルとして名高いジェイ・Z、ビヨンセ夫妻の総資産が、とうとう10億ドル(およそ1000億円)を超えたと言われています。やることなす事、全てが常識を超えていてビヨンセが出産するときに入院した病院は1億円ほど使ってフロアごと貸し切ったり、100万円する乳母車を使ったりしてるようです。

ビヨンセが、ジェイ・Zの41歳の誕生日に、フランスの高級スポーツカーブランド、ブガッティの約200万ドル(約2億円)のスーパーカー「ブガッティ・ヴェイロン グランスポーツ」をプレゼントしたのも有名な話。このヴェイロンは、「16.4グランスポーツ」と呼ばれるモデル。およそ1年前から夫の誕生日のために、ビヨンセが特別オーダーしていた1台だそうです。

もっとすごいのが、ジェイ・ジーからビヨンセに贈ったプレゼント。なんと、29歳の誕生日を迎えた世界の歌姫、ビヨンセに、バースデープレゼントにジェイ・ジーから島をプレゼントされたらしいです。お値段は200万ドル(約20億円)。ビヨンセは前々から島が欲しいと話してたらしいですが、愛するビヨンセの誕生日に土地をプレゼントとはすごい。
ビヨンセの島

そして極めつけは、ビヨンセがジェイ・ジーのお父さんに贈った超豪華なプレゼント。ビヨンセが、夫のジェイ・Zに父の日のプレゼントとして4000万ドル(約40億円)の高級プライベートジェット機「ボンバルディア・チャレンジャー850」をプレゼントしたそうです。ほんといい娘を嫁にもらったなと息子を讃えたことは間違いないでしょう。

そんなビヨンセジェイ・ジー夫妻も離婚秒読みらしい

7月には結婚カウンセリングを受けていると伝えられた音楽界の大物カップル=ビヨンセとジェイ・Zが、離婚秒読みだと噂されています。今年の春に、ビヨンセの妹よりエレベーター内で暴行を受けたジェイ・ジー。エレベーターにビヨンセ、ジェイ・ジーと一緒に乗り込んだソランジェは、いきなりジェイ・ジーに向かって掴みかかり、蹴りをくらわせている姿がカメラに収められていたそうです。

ソランジュがジェイ・Zを殴ったのは、ジェイがデザイナーのレイチェル・ロイと親密になりすぎたのが原因だったそうです。コンサートツアー「オン・ザ・ラン」を一緒に行っている二人だが、移動もホテルの部屋も楽屋も全て別々で、ステージ上以外では口も利いていないとの報道もあり、世界のオシドリ夫婦が離婚するかもしれません。
ビヨンセ夫婦

そんなビヨンセの歌詞は常に女性にそばにある

2013年の暮れにアルバム『Beyonce』を緊急リリースしたビヨンセが、iTunesにおける最高セールス記録を塗り替えたのを覚えてますか。このことはビヨンセファンはもちろん、世界中で話題となった。その理由は、iTunesにおける記録を更新したことともう一つ、発売前にマス広告によるプロモーションを全くしないにも関わらず爆発的に売れたからです。
彼女がここまで人気なのは、強くてパワフルでエネルギッシュな性格が世界中の女性から熱狂的に支持されているからです。

自立してる女性はみんな
私のほうに手を振りあげてちょうだい
All the women who are independent
Throw your hands up at me

この歌詞は、independent womanの一節です。アップテンポなトラックと強烈な歌詞でビヨンセの代表曲の1つです。自分で稼いだお金で欲しいものを買うことのできる自立した女性から共感を得て、新たなファン層を獲得したと言われる曲です。

私はサバイバー 決してあきらめない
立ち止まりはしない 一生懸命働くの
私はサバイバー やり遂げてみせる
私は生き抜く 闘い続けるわ

この歌詞は2001年発売のSURVIVORの一節です。この曲も女性目線で、努力して生きていく女性の応援歌的な曲として世界中の女性たちが虜になりました。Run the Worldでも「世界を支配するのは女性だ!」という女性の権利を歌ったこの一曲は、あまりにも強すぎるメッセージの為に賛否両論となったように、ビヨンセは常に女性の目線で歌い続けるアーティストです。

ビヨンセの口パク疑惑の対応が、かっこよすぎた

ビヨンセはオバマ大統領就任式での国家斉唱に口パク疑惑が出ていたのを覚えていますか?オバマ米大統領の2期目の就任式で、当時、国歌斉唱を任されたビヨンセが実際には歌わず「口パク」を演じたとの「疑惑」が浮上していました。

実際にも口パクでしたが、実は計画されたものでした。その疑惑を沈黙するかと思えばあっさりと認めたのがビヨンセ。ライブで、天気、予定の時間の遅れ、事前のサウンドチェックがなかったこともあって、ライブで歌うのがいいとは思えなかったと言っていました。

その後、スーパーボウルのハーフタイムショーでの出演があって、そこでは生歌を披露することを約束しました。そして当日、ステージに登場したビヨンセは開口一番記者たちに起立するよう求め、アカペラで国歌を斉唱。感動する記者たちに向かい、ドヤ顔で「何か、ご質問は?」と言い放ちました。アカペラで歌われたら記者たちはガクガクブルブル。世界中はビヨンセに酔いしれました。

その年のスーパーボールは大型台風カトリーナの被害を受け、多くの人々が避難し、生活をした場所で開催されました。そしてその場所は、ビヨンセの親戚の故郷でもありました。あそこまで堂々と認めて、挙げ句にはアカペラでまた国歌斉唱。かっこ良すぎるビヨンセ。

ビヨンセのハプニング対応が神対応

昨年、ビヨンセがブラジルでのコンサート・ライブ中にある男性ファンに襲われ、客席に落ちそうになる事態がおきました。しかし、世界の歌姫は対応が神でした。ごく普通に考えれば、警備員につまみ出すように対応させるところ、愛の言葉までかける神対応に、世界は再び熱狂しました。

ブラジルのサンパウロでコンサート中にファンに引っ張られて、ステージから降ろされたことがありました。熱唱していた時に、サービスの一環ででファンたちにに近づいてしゃがんだ瞬間にその事件はおきました。1人の男性ファンが身を乗り出して、彼女の上半身を掴み、そのまま観客の方へ引っ張ってステージから降ろしてしまいました。

ここからの対応が神。すぐに警備員がビヨンセを連れ戻し、動揺することもなくそのまま歌を続けました。ビヨンセは歌い終えると男性に向かって「大丈夫よ」と言って、男性と握手までして「私も愛しているわ」と声をかけました。この神対応に観客から大喝采がおくられました。会場は「ビヨンセ!ビヨンセ!」コールで熱狂しました。この様子はコンサートに来ていたファンが撮影していてYoutubeで視聴できます。

ビヨンセの視聴動画

ビヨンセのPretty Hurtsを視聴

ビヨンセのIrreplaceableを視聴する

ビヨンセとジェイ・Zとの共演 Crazy In Love ft. JAY Z を視聴する

ビヨンセのRun the World (Girls)を視聴する

ただただかわいいだけで、のし上がっていく人もいるなかで、人格面含めて賞賛されるスターは女性の憧れです。女性だけでなく男性から見ても、素晴らしい人だとつくづく思います。スターだけあって様々なゴシップネタが多いなかで、全てを退けるほどの神対応には感服です。ビヨンセから学ぶべき点は多いと感じました。ご拝読ありがとうございました。

コメントを残す