速報
ホーム » フォトログ » 芹菜々子ヌード写真集のウリは山本太郎元嫁という点だけ、作品力は無い。

芹菜々子ヌード写真集のウリは山本太郎元嫁という点だけ、作品力は無い。

芹菜々子(せり・ななこ)が永田町を騒がせてるのは山本太郎の元妻だから

芹菜々子1st写真集『深海』芹菜々子のヌード写真集が発売されたのだが、作品自体の話題ではなく国政政党「生活の党と山本太郎となかまたち」の共同代表を務める山本太郎参院議員(40)の元妻という肩書が話題となっている。国会議員の元妻がヌード写真集、さらにはAV出演か?の話題は確かにインパクトがある。

割鞘朱璃と山本太郎結婚当時

山本太郎の元嫁は割鞘朱璃(わりさわじゅり)で、彼女はプロサーファーである。彼女とは2012年5月に結婚、2012年8月には離婚している。離婚の原因は政治活動が忙しくて月に何日かしか帰宅しない生活に嫌気をさして両者合意の上、離婚した模様。

芹菜々子が割鞘朱璃なのかは不明

芹菜々子のヌード写真集が発売されたのは事実だが、それがすなわち割鞘朱璃と同一人物というのは公式には認められていない。それは出版社からも山本太郎側からもアナウンスは出ていない。今回の同一人物騒動はあくまでも各種メディアとネット界隈での話に限られているのである。

割鞘朱璃
プロサーファーで山本太郎の元嫁の割鞘朱璃

芹菜々子は、正体不明の謎の新人グラビア女優である。ファースト写真集となる『深海』のタイトルには「まさかこんな子が脱ぐなんて……」超大型新人が登場!とある、この名前で活動していた形跡はないため、世間では芹菜々子が山本太郎元嫁に似ているからという理由で芹菜々子と割鞘朱璃を同一人物とみなして騒いでいる。

芹菜々子の写真集の出来栄えは、悪くはないが特筆すべき点もない

サーフィンボードを担いでいる写真あたりが割鞘朱璃を連想させてしまうのだが、アスリートらしい健康的で引き締まった体つきの被写体である。ヘアヌード写真集の中でも、セクシーさを前面に出す写真集ではなく、自然体というか健康体推しである。

出版社としての売りポイントが中身にないから元嫁という話題作りをしているなと、そう思えるほど写真集としての中身がない。経歴も明かされておらず正体不明のグラビア女優を話題にするには、元○○というバックグラウンドか、その神秘性しかない。そして今回は山本太郎の元嫁という事で話題をさらったわけだ。

写真集というのは本来その作品の力で勝負するものだ、それがカメラマンの力でも被写体の力でもよい。ただの噂話で売れるほど甘いものではない。予想通り発売から1ヶ月足らずで中古品があちらこちらに出回っている。

割鞘朱璃と義理の父との確執がネタとしてはおもしろい

イチゴの戦い」というブログをご存知だろうか?元JPSA女子ロングボード初代グランドチャンピオンによるブログとある。日本プロサーフィン連盟で初代女子のチャンピオンを調べてみると、2009年「割鞘 ジュリ」とある。つまり、このブログの作者は山本太郎の元嫁ということになる。約2年前に投稿されたのが最後となっているが、何やら騒がしい記事が多い。

今まで100%養父の管理下にあった私がお嫁に行き、
完全にはコントロールできなくなった状態に怒り、
その矛先をブログで私や新しい家族の人間性を貶める事に
向け暴走を始めました。。。

とある。話をまとめると、義理の父がブログのアカウント権限を乗っ取り勝手に更新していたらしい。そしてサーファーの商売道具であるサーフボードを勝手に売却したり、母が飛び降り自殺をしたという作り話を公開したり、かなりやんちゃな事をしてる模様。義理の父とは割鞘ジュリの実母の再婚相手であり山本太郎の父親のことではない。幼い頃から割鞘ジュリは虐待されていたと言われている。


コメントを残す