速報
ホーム » フォトログ » 岡本夏生のレースクイーン時代写真集|プレミア写真集発掘企画

岡本夏生のレースクイーン時代写真集|プレミア写真集発掘企画

1990年代から2000年代前半、宮沢りえや菅野美穂、樋口可南子らのヘアヌード解禁を機に写真集業界はピークを迎えました。それに便乗するかのように多数の女優やタレントやその卵たちが写真集を発売しましたが、時代に埋もれた写真集も多いです。今になって、或いはこれからプレミア写真集になるかもしれない写真集を今のうちに買う。これがこの「1円で買えるプレミア写真集発掘企画」の趣旨です。

岡本夏生(おかもとなつき)の写真集が発売されたのは1990年

岡本夏生は、タレントであり元レースクイーンであり、グラビアアイドルだった。年齢は自称1965年生まれである。岡本夏生の写真集が発売されたのは今から25年前、岡本夏生が当時24歳のころである。藪下修による撮影でワニブックスから出版された。

カバー表紙を見ると水着姿なのだが、ヌード写真でも何でもない。当時レースクイーンを生業としていたときの写真集である。下着姿やワンピース姿など、今の岡本夏生とさほど露出度は変わらないが、25年前の岡本夏生はプロポーションもスタイルもよい。

 岡本夏生の人気絶頂期を振り返ってみる

この写真集を発売したのが1990年で、岡本夏生の人気絶頂期は1990年代とここ最近の2つの期間に分けられる。第一次ブームは1989年に日清カップヌードルのレーシングチームのレースクイーンとして活躍していたとき、『笑っていいとも』の出演をきっかけにタレントとして活動を始めた頃である。

岡本夏生レースクイーン

元祖ハイレグ女王として、飯島愛や杉本彩とともにセクシー系バラエティタレントとしてその地位を獲得していく。その後、今と変わらない天然ボケと何でもありの爆撃タレントとして、ビートたけし『平成教育委員会』や志村けん『だいじょううぶだぁ』などをレギュラー出演するなど人気タレントの一員として大活躍していた。

その後は、いくつかドラマやVシネマに出演していたようだが、1999年代後半になると病気とノイローゼによって体重が激減し芸能活動を一時休止することとなる。またZARDの坂井泉水とはレースクイーン時代の同僚であり、親交が深かったと言われている。

あの人はいま?岡本夏生はいま何をしているのだろうか?

2000年に入ったころから、岡本夏生は芸能界を干された形となりほとんど芸能活動を行っていなかった。地元の静岡テレビでときたま番組出演したり、ゴルフプロアマ戦に顔を出すことくらいだった。しかし、転機が訪れたのがブログである。2010年2月2日2時22分にブログを開設し、40代にも関わらずグラビアアイドル部門でアクセス数トップを飾り、それがきっかけで第二次岡本夏生ブームが到来することとなる。

岡本夏生のいま

ブログ開設と同時にグラビアアイドルとしての活動も再開し、「日本最高齢・40代のグラビアアイドル」として活動している。最近では、Vシネマへ復帰したり、サンジャポへ準レギュラー出演するなどグラビアアイドルだけではなくマルチタレントとして活動の幅を広げている。ちなみに岡本夏生が坊主になったのもこの頃である。

お宝プレミア写真集になりうるのか

岡本夏生の写真集がプレミア写真集になるかといえば、なりづらい要素を持っている。プレミア写真集になる重要なポイントは、現在では見られない姿であるか。絶対にもう脱がないであろう大女優が若かりし頃に脱いでいたように、現在と過去のギャップが必要である。しかし、今でも現役でグラビアアイドルとして活動しているわけだから、当時の写真集時代と変わらない。これはプレミア写真集になる可能性は低い。