速報
ホーム » フォトログ » フェチ写真集は市民権を得たか?でも女子高生パンティ仮面や水中ニーソックスはニッチ過ぎる件。

フェチ写真集は市民権を得たか?でも女子高生パンティ仮面や水中ニーソックスはニッチ過ぎる件。

フェチ写真集は、写真集の中でも異色を放つニッチな写真集

最近、本屋でアイドル写真集を押しのけて積んであるのがフェチ写真集。誰が買うんだよって突っ込みたくなるような超ニッチな写真集がけっこう多い。例えば、女子高生にパンティを顔から被らせる女子高生パンティや、ニーソックスを履いた女子を水中から撮影する水中ニーソックスとか、ニッチすぎるけどフェチズムを感じる写真が多い。

写真集業界は斜陽産業と言われるけれど、フェチ写真集はけっこう盛り上がってると聞く。発行部数はたいしたことないと思うけど、それでも種類は多い。フェチ写真集に共通して言えることは、グラビアやアイドルと違ってピンで活躍するタレントを使わずに、組み合わせ技が多い。「水中とニーソックス」もそうだし、「サラリーマンとジャンプ」は、サラリーマンがジャンプした瞬間を写真集にしたフェチと言えるか分からないけど組み合わせとしてはおもしろい。

フェチ写真集は、狙ってる層がピンポイント過ぎる

例えば、このフェチ写真集の『びしょびしょ』は、OLや学生の女性が大量の水をいつでもどこでもぶっかけられている瞬間だけを狙ったフェチ写真。水をぶっかけられたときのブラウスの濡れ具合や、うっすらとブラジャーが浮き出てるあたりがエロのフェチズムを感じる。ただ、この写真集はその右斜め上をいってて、それをかき消すかのごとく水の動きがデカ過ぎて、エロさをかき消してしまってる。もう狙ってる層がピンポイント過ぎて笑える。

びしょびしょ2

フェチ写真ブームは、『スクールガール・コンプレックス』から始まった

ひとえにフェチ写真集といっても、ひと昔前のような過激なエロス写真は影を潜め、一見ソフトテイストのフェチ写真集が幅を利かせているのだ。ものによってはどこがフェチなのかわからないものも多く、より細分化している。このフェチ写真ムーブメントを引き起こしたのが、写真家・青山裕企さんが2010年に出した『スクールガール・コンプレックス』。放課後の教室で制服姿の女子学生を撮影したフェチ写真集で、この写真集からフェチ写真ブームが引き起こされたと言われている。

『スクールガール・コンプレックス』は、こっそり覗いてみたい女の子同士の世界を表現した写真集で、男性のみならず女性からの評価も高く、続編も出てるし映画化もされている。写真集が映画化されるのは異例中の異例だと思う。また、スクールガール・コンプレックスに類似するスクールボーイズコンプレックスなる亜種まで発売されているとおり、このスクールガール・コンプレックスから大きく写真集業界はフェチズムへとシフトしている。

フェチ写真集のスクールガール・コンプレックス フェチ写真集のスクールガール・コンプレックス フェチ写真集のスクールガール・コンプレックス

これはフェチなのか?男の子の放課後を舞台としたスクールボーイズコンプレックス

『SCHOOLBOY COMPLEX スクールボーイ・コンプレックス』は、少年たちを被写体にした写真集。同級生や先輩たちに抱いていたコンプレックスや、同性の視点から捉えた「少年の中にある美しさ」を写した作品になっているらしいのだけど、フェチと言えるかはわからない。そもそもフェチってなんだよって話ですけど。

SCHOOLBOY COMPLEX

SCHOOLBOY COMPLEX

フェチ写真集の撮り方を、スクールガール・コンプレックスの写真家に学ぶ

nanapiでは、元祖フェチ写真のスクールガール・コンプレックスの作者である青山裕企氏によるフェチ写真の撮影講座が公開されている。唇フェチの写真、脚フェチの写真、うなじフェチの写真とそれぞれの写真の撮影方法を学ぶことができる。特に脚編は自分でも撮影できそうなので、いい撮影教材になる。フェチ写真の脚編を俺なりにまとめてみたよ。

脚は、動きを見せることが大事、つまり流れが必要

フェチ写真の脚

そもそも、男の靴下なんかフェチでも何でもないんだけど、こういうのはきっとダメなんだろうな。フェチった写真というのは、流れ、動きが重要らしい。例えば、靴下を脱がせる瞬間だったりがシャッターチャンスなんだと。確かに、青山裕企氏の写真は躍動的なエロスを感じる写真だ。フェチポイントとしては、「靴下から裸足へ」といった自然なことのようだけど、そこにフェチがあるのがいいらしい。

青山裕企氏
青山裕企氏による手本写真
nanapi

脚の質感、肉感がフェチ写真には大切な要素

脚には脚の肉感がある、すらりと細い脚だけ撮ってもフェチ写真にはならないらしい。肉感を出すには椅子に座ってもらって、上から撮ればちょっと太めの肉々しい写真が出来上がるみたい。座ったり、立ったり、ひねってみたり、脚を組んでもらったり、どの姿勢のとき、どんなフェチ的な肉感になるのかを知ることから始めるべしということだ。

これだと肉感が出てない気がする
これだと肉感が出てない気がする
けっこうフェチってると思う写真。※盗撮ではありません。
けっこうフェチってると思う写真。※盗撮ではありません。
青山裕企氏による手本写真。フェチってるなぁ。
青山裕企氏による手本写真。フェチってるなぁ。

脚ならではの脚線美にフェティシズムが舞い降りる

立ったり座ったりするだけではなくて、くの字に脚を曲げてもらったり脚を組んでもらうことで、脚にはいろんなバリエーションが生まれる。脚線で写真のフォルムが大きくかわり、一気にフェティシズムが舞い降りるらしい。確かに、いままで撮った写真で脚の動きを意識した写真はなかった。勉強になります。

青山氏の手本。脚線美ですね。
青山氏の手本。脚線美ですね。

フェチ写真集のオススメを教える

フェチの鉄板写真集『スクールガール・コンプレックス』シリーズ

 

少女フェチシリーズ

パイスラッシュ(π/)=女子のバッグのたすき掛け

女の子×タスキ掛け=はさまれたい。ちょっと前にネットでも話題になった用語π/(パイスラッシュ)を様々な視点で捉えたニッチな写真集。このパイスラは、フェチ写真とただのエロ写真の境目に位置すると言われていて、女性目線でも楽しめるのがフェチ写真としてのパイスラです。

男子のフェチ写真集