速報
ホーム » フォトログ » 白戸家のお母さんも脱いでた?一番売れたヌード写真集たちがスゴかった

白戸家のお母さんも脱いでた?一番売れたヌード写真集たちがスゴかった

歴代の女性ヌード写真集で最も売れた写真集を集めてみた

日本で初めて売れたヘアヌード写真は男性諸君なら一度は覗いたことのある宮沢りえのサンタフェです。そこから菅野美穂や樋口可南子など有名女優がヌードになり、90年代は百花繚乱のヘアヌード時代へと突入していきました。ただ、2000年代に入ってからはほとんど写真集が売れない時代へ移り、この歴代発行部数を超えることはもう来ないと言われています。

歴代の女性ヘアヌード写真を発行部数が多い順にランキングしてみました。まさかのあの犬のお母さんも昔ヌードになっていたのは驚きでした。純正派アイドルの菅野美穂も実は20歳の誕生日にヌードになっていますし、発行部数が多い写真集には社会現象になるほどのインパクトがありますね。

  1. 宮沢りえ 「SantaFe」(91年) 約155万部
  2. 菅野美穂 「NUDITY」(97年) 約80万部
  3. 樋口可南子 「Waterfruit」(91年) 約55万部
  4. 島田陽子 「KirRoyal 」(92年) 約55万部
  5. 川島なお美 「WOMAN」(93年) 約55万部
  6. 高岡早紀 「One,two,three」(95年) 約47万部

1位は91年に17歳の若さで脱いだ少女ヌードの宮沢りえのサンタフェ

2位と倍以上の差をつけてトップに君臨した写真集は、宮沢りえのサンタフェでした。今から25年前に出版された写真集です。現在、40歳になる宮沢りえですが、17歳だった頃と比較しても遜色ない綺麗さを保っています。25年経っても現役のまま女優として活躍しているのはすごいことですね。

宮沢りえ40歳

40歳の宮沢りえ

 

17歳の宮沢りえ
17歳の宮沢りえ

2位以下も全て90年代が中心の写真集ばかりだし知らない人も多い女優もいた

 

最近は写真集が売れない時代なのでしょうか、売れてる写真集は全て90年代ばかり。ネットで画像は出回るし、そもそも写真を買う文化は欧米に比べて定着してないことも理由のひとつでしょうか。今の若い人にとって葉月里緒菜や島田陽子あたりはピンと来ない人も多いのではないでしょうか。

発行部数からみたら50万部は一般書籍としてもすごい数字なんじゃないでしょうか。書籍でも100万部突破と騒がれている時代ですから、写真集が50万部を超えるのは相当な社会現象でしょう。いまの写真集なら1万部超えたら売れてる感じじゃないでしょうか。ヌードならもっと部数を伸ばすのかな。

 

一番売れた女性ヌード写真集を画像つきで紹介していきます。

 

歴代ヌード写真第1位:宮沢りえ 「SantaFe」(91年) 約155万部

宮沢りえのサンタフェは群を抜いて大ヒットしたヘアヌード写真です。少女ヌード写真ともいえる17歳の少女のヌード写真です。いまこんな企画の写真集が出たら速攻で児童ポルノ法違反でお蔵入りになってしまいそうです。社会現象にまでなった日本ヘアヌード写真のさきがけとなった写真集です。

17歳の宮沢りえ
17歳の宮沢りえ

歴代ヌード写真第2位:菅野美穂 「NUDITY」(97年) 約80万部

菅野美穂のヌード写真が第2位にランクインです。当時の菅野美穂はビキニ姿にもならない純正派アイドルでした。20歳の第一級アイドルが突然のヌードになるという知らせに社会は騒然としました。いまなら堀北真希あたりが水着姿になる、いやもっとインパクトがあった気がします。菅野美穂のおっぱい見たさに爆発的な売上を記録しました。

kannomihi
菅野美穂のヌード写真

もちろん、社会の注目は菅野美穂がヌードになった理由です。本人の発表では「女優としての限界を感じていたので、一番やりたくない事をやろうと考えた」と答えていますが、借金を背負わされたとか色んな憶測が飛び交いました。ただ、女優の限界をはるかに超えて大活躍しているのは誰の目にも明らかですね。

菅野美穂ヌード写真

歴代ヌード写真第3位:樋口可南子 「Waterfruit」(91年) 約55万部

樋口 可南子(ひぐち かなこ、1958年12月13日 – )は、女優でソフトバンクのCMのお母さん役として有名です。日本アカデミー賞主演優秀賞も受賞する名女優でもあります。夫は糸井重里で、結婚前の33歳のときのヌード写真です。発行部数55万部は歴代第3位にランクインです。

樋口可南子 「Waterfruit」
ヌード写真集 樋口可南子 「Waterfruit」
樋口可南子 「Waterfruit」
ヌード写真集 樋口可南子 「Waterfruit」
樋口可南子
ソフトバンクのお母さんで有名な現在の樋口可南子

歴代ヌード写真第4位:島田陽子 「KirRoyal 」(92年) 約55万部

島田陽子は、日本の女優であるもののゴールデングローブ賞を受賞し、国際女優として認知されています。大人の女性のヌード写真ということで、人気が出たのでしょう。3位と同じく55万部という大ヒットヌード写真となりました。

島田陽子
島田陽子ヌード写真集
60歳を超える島田陽子
60歳を超える島田陽子

歴代ヌード写真第5位:川島なお美 「WOMAN」(93年) 約55万部

川島なお美は女優ですが、いまではワイン好きのソムリエとしてのほうが活躍しています。私の体はワインでできていると言った発言は有名で、フランスからもワイン博士の称号をもらっています。このヌード写真を出版したのは30代になってからで、ヌードも辞さないセクシー女優として大ヒットしたヌード写真集です。
川島なお美 woman

kawashimawoman

歴代ヌード写真第5位:高岡早紀 「One,two,three」(95年) 約47万部

高岡早紀といえば、ダブル不倫などスキャンダラスな女優と思われていますが、映画 『忠臣蔵外伝 四谷怪談』に出演し日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞する名女優でもあります。この映画でヌードを披露してヌード時代に突入し、このあと初のヘアヌード写真集「One,two,three」を篠山紀信と出版し、次々とヌード写真集を世に送り出しています。

ヌード写真 高岡早紀 「One,two,three」
高岡早紀 「One,two,three」

高岡早紀

以上、意外な女優がランクインしていた女優ヘアヌードランキングトップ6でした。