速報
ホーム » フォトログ » ニコンD750が間もなく発売されるかもしれない、ニコン新製品の噂【更新】

ニコンD750が間もなく発売されるかもしれない、ニコン新製品の噂【更新】

【追加情報】ニコンD750予約注文開始

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750ボディ

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750 24-85レンズキット AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR付属

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750 24-120VR レンズキット AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

【追加情報】ニコンD750が9月12日に発表されました

ニコンからD750が発表されました。発売日は9月25日です。

【追加情報】ニコンD750が9月11日に発表されるかも!?

NikonRumorsの情報によると、ニコンD750は9月11日に発表されるかもしれないとのこと。オートフォーカスは51点AFということは確実なようです。フォトキナの前にD750が発表が期待されますね。

D750はニコンの新しいフルサイズ一眼レフカメラ、かも

D750

ドイツで2年に1回開催されている「フォトキナ ワールド・オブ・イメージング」通称フォトキナで登場すると噂されているのがニコンの新しいフルサイズ一眼レフカメラのD750です。このD750は24メガピクセルのフルサイズセンサーを搭載し、連写やオートフォーカスを強化するとのことです。

D750の位置付けとして考えられるのはD810とD4sのいいとこ取りしたミックス製品との噂があります。ましてや軽量化されようものなら、もはやD4sの立ち位置がなくなるのではないかとネット界隈では議論されています。それにしてもここ最近のニコンはAPS-Cよりもフルサイズへの傾斜が顕著です。D4sとD810の間が出来ればフルサイズセンサーのフルラインナップ完成と言えそうです。

Nikon D750はなぜNikon D710と呼ばないのか?

D700番台にはD700しかなく、飛び番でD750ですのでニコンの何らかの意図を感じます。D700の正当な後継機じゃないからD710のネーミングは使わないのか、或いはAFが75点なのか、それとも750グラムの重さなのか妄想がふくらみます。そもそもD750の名前で発表されるのか確定はできませんが。D700がロングセラーだったようにD750もロングセラーになって欲しいですね。

D750は名機の予感がするとネット界隈では騒いでる

なんといってもアマチュアカメラマンにとってバランスのよいカメラは重宝されます。ニコンではD700だったりD300だったりいずれもバランスのよいカメラだった気がします。画素数やセンサー、AFのいずれも尖ったスペックではなくてどんな被写体でも使えそうな絶妙なバランスがロングセラーモデルの共通点です。

その点、D750も同じようにバランスのとれたカメラとネット界隈では既に盛り上がっています。また、まさかの4K対応なんてサプライズもあれば爆発的なヒット商品になるかもしれません。D750は4年前にも発売が噂された機種でしたが、今回は当時の噂スペックを遥かにしのぐので期待していいかもしれません。3月にD4s、7月にD810、9月にD750と家計に大打撃をくらわす1年ですね。

ちなみに2009年当時のD750の噂スペックは、16−18メガピクセルのフルサイズCMOSセンサー搭載。ISO感度は200-6400、フルHDの動画撮影、3インチのバリアングルモニターが採用されると言われていました。結局今回まで持ち越しで、新しいニコンD750スペックになって登場ですね。

来月開催のフォトキナで発表される新商品の噂のまとめ記事もブックマークしておいてください。

D4sのレビューもご覧ください:カメラ初心者だから分かる最上位機種カメラの凄さ|ニコンD4s

【9月11日追記】

9月11日時点のニコン新製品D750の最新噂情報
– D750は24.3MPフルサイズセンサーの軽量コンパクトで省電力設計
– フラッシュ内蔵、ダブルSDカードスロット
– 約120万ドットのチルト可能な3.2インチRBGモニター
– 頑丈な造りで防塵防滴
– 新型の改善されたミラー・シャッター機構
– AFシステムは51点
– 91000ピクセルRGBセンサー、光重点測光オプション
– 連写は6.5コマ/秒
– 24.3MP FXフォーマットCMOSセンサー
– EXPEED4
– ISO100-12800(拡張で50-51200)
– エフェクトモード
– 改善されたピクチャーコントロール
– フルHD動画、1080p 24/25/30/50/60p
– 改善された動画機能
– ステレオマイク内蔵
– ライブビューモードで露出のプレビューと絞りのコントロール
– UT-1とWT-5経由での内蔵Wi-FIプロフェッショナル無線通信