速報
ホーム » ライフログ » メンズヨガウェアが決め手です。モテるヨガ男子と偽ヨガ男子のたった1つの違い。

メンズヨガウェアが決め手です。モテるヨガ男子と偽ヨガ男子のたった1つの違い。

最近人気のヨガ男子。モテるヨガ男子と偽ヨガ男子の決定的な違いはメンズヨガウエアを見れば一目瞭然。メンズヨガウエアを適当に選択するとヨガスタジオで下心アリの変態ヨガ男子と思われてしまいます。本気でヨガにチャレンジする人ほどファッションにこだわらざるを得ないヨガの世界。プラナやルルレモンのようなヨガウェアでヨガに取り組めばスタイルも精神も成長して本当にモテるヨガ男子になれるのです。

ヨガ男子が急増中。しかもヨガ男子がモテる時代らしい。

2010年あたりから、じわじわとヨガ男子が増えています。ビジネスエリートやアスリートの間でもストレス発散や健康維持のためにヨガが取り入れられています。精神集中のため、かのアップルのスティーブ・ジョブズもヨガ瞑想を実践していたことはあまりにも有名です。

モテるためだけにヨガをすることことは本末転倒ですが、健康を維持しさらにモテるとなれば一石二鳥です。そこで、モテるヨガ男子と普通のヨガ男子の唯一と言っていい違いはなにかを探ってみると、メンズヨガウエアにこだわっているのかということが見えてきました。これはファッションに興味があるかどうかではありません。本気のヨガ男子はメンズヨガウエアにこだわらざるを得ない、自然の流れがあるのです。

ヨガ男子がモテるには、自明な方程式があった

ヨガ男子はモテるかどうかといえば、確実にモテます。ヨガ男子の特徴は、健康志向だったり集中力を高めようとする向上心だったり、前向きな姿勢の男子が多いからです。そんな男性に世の女性達は魅力を感じるのです。またサッカーや野球といったスポーツと違い、たった1人で取り組むヨガはセルフコントロール力をも高めてくれます。

ただ男性目線でいえば、ヨガ男子であり続けるには想像以上に忍耐力が必要だということを知っていますか?まずは、ヨガ男子がモテる自明の理をご紹介しましょう。

精神的な成長とセルフコントロール力が高まる

ヨガ男子とヨガウエア
ヨガはセルフコントロールと精神力を養ってくれる

同じ身体を動かすという意味では、例えば男子に人気のフットサルとヨガの違い。チームプレーかセルフプレーの違いですね。ヨガはたった1人でできる運動です。喧騒の社会の中、たった1人で瞑想しながら汗をかいて自らの精神を統一していく。ヨガをすることで、「女性が選ぶモテるオトコランキング」に常に上位に位置するセルフコントロールや向上心のある男性に確実に近づくわけです。カラダとココロが同時に鍛えられる修行は他にありません。

紅一点ではなく黒一点のハーレム状態がそこにはある

ヨガ男子モテる
未だ9割以上が女性と言われるヨガスタジオ市場

ヨガスタジオに足を運べば一目瞭然です。9割以上が女性です。そこに男性がぽつりと混じれば、そこは紅一点の逆バージョン、黒一点です。まさにハーレム状態といえるでしょう。しかし、そこにいる女性たちは男性目当てではなく、健康やダイエットや精神的な成長のために来ています。かなり向上心の高い女性ですから、ハーレム状態ではあるもののかなりストイックな環境です。

ヨガを続けるにはメンズヨガウェアとヨガの知識は最低限必要

ヨガウェアメンズの一覧
ヨガに適したヨガウェアの一例

そんなストイックな環境に、ジャージ姿でヨガ男子を装っていては嫌悪の対象です。まずは怪しまれないためにも、ヨガの知識はもちろんのこと、ファッションにも気を配る必要があるのです。ヨガウェアメンズはおしゃれなものも増えてきています。ヨガ専用のウェアは汗の吸収や動きやすさもジャージやバスケットパンツとは大きく違います。

モテるという理由だけでヨガを始める人もいますが、いざヨガスタジオに入るには大きな勇気と決断が必要です。自宅から申込をするまでは簡単なのですが、いざスタジオに入った瞬間のあの目線に耐えられますか。だからこそ、メンズヨガウェアを身にまとって、まずは本気度を見せなければいけません。

ヨガ男子は一見すると天国だが、下心があると地獄にもなる

偽ヨガ男子とモテるヨガ男子の差は、まさにメンズヨガウェアの差に比例しています。なんとなくモテると思って始めた偽ヨガ男子はファッションも自宅にあるものばかりで、ヨガへの尊敬が足りてません。本当の意味でモテるヨガ男子は、ヨガ専用のファッションで心も身体も本気モードなのです。ヨガスタジオで下心が見えてしまうと、軽蔑の目で見られ逆に精神不安定になってしまいます。

メンズヨガウェアにこだわって、ヨガに本気であることをアピール

結局動機はどうあれ、まずはメンズヨガウェアを身にまとってヨガに取り組むしかありません。ヨガを続けるには白本気度を見せながらヨガと向き合い、精神を研ぎ澄ますのです。本気であることを伝えるためにも、メンズヨガウエアをしっかりと選び、本気のヨガ男子になっていきましょう。それがモテるヨガ男子への第一歩です。

メンズのヨガウェアはレディースに比べるとまだまだ少ないですが、無印良品のヨガウェアが人気だったり大衆ファッションブランドも徐々にヨガウェアを投入しつつあります。モテヨガ男子はファッション知識も重要ですので、世界的に有名なヨガウエアファッションをまとめて暗記しておきましょう。

メンズヨガウエアの代名詞Columbiaが買収したprAna(プラナ)を着てれば外れなし

有名なヨガブランド
ズボンとヨガマットがプラナです

プラナ社はライフスタイルブランドとして位置づけられており、ヨガだけでなくロッククライミングやフィットネスなど健康志向ユーザーに愛されるブランドです。創立は1992年とまだ若い会社で、成長性も高いです。そこに目をつけたのが米国Columbia社です。

アウトドアブランドとしてのブランドポジションを確立したColumbiaはより幅広い事業展開のため、ヨガウェアに着目してプラナ社を買収しました。ヨガブランドとして有名なプラナブランドはそのまま継続するようで、世界的なヨガウェアブランドとして育成していくようです。

PRANA(プラナ)のブランドコンセプトは、地球環境にやさしい情熱と活力あるファッションです。商品にはリサイクル素材やオーガニック素材、社内電力にも風力エネルギーを利用するなど積極的なECO活動を推し進めています。最近のモテる男子の1つである節約男子のコンセプトとも合致します。

プラナの商品が売っているショップ

ヨガウェアとはルルレモン。圧倒的な存在感カナダ発「LuluLemon(ルルレモン)」

ヨガ男子もヨガ女子もファッション感度が非常に高い。そんな人たちに人気があるのが、カナダブランドの「ルルレモン」。日本だと知名度はさほどないですが、特にヨガ男子を教えてくれるインストラクターには人気が高いです。一般のTシャツやウェアだと汗をかいたあとに身体が動かしづらくなるものが多いので、吸水性と速乾性が高いヨガウエアを選んだほうがいいです。

ヨガウエアの代名詞ルルレモン
ヨガウエアの代表カナダ「ルルレモン」
ヨガ男子の豆知識、ルルレモンはカナダ発のヨガウェアブランド

ヨガの世界的な人気とともに成長してきたのがルルレモンです。ルルレモン自体は1998年創業でまだ20年も経ってない企業です。ヨガウェア独特のストレッチ性の高い布に着目して、商品展開をしてきました。その後、ヨガウェアからランニングなど様々な運動着としてルルレモンはその地位を高めることに成功しました。

ちなみにルルレモンはカナダで上場するアパレル企業です。海外展開を見ると、10年前に一度日本に直営店という形で進出していますが、現在は撤退しスタジオと契約する形で代理販売をしています。アジア展開では香港とシンガポールにはあった気がします。

一般的なヨガウェアより30%-50%程度高めの価格設定ですが、品質やアフターサービスが充実しているのが特徴です。日本ではアフターサービスが受けられませんが、並行輸入品などが比較的多く流通している印象です。

ヨガウェアでも私服でも使えるヨガウェアブランド「anima(アニマ)」

ヨガ専用のヨガウェアでありながら、普段着や室内着としても活用できるというコンセプトのもと開発されたのが日本アパレルブランドのワールドが展開するアニマシリーズ。これもまたインストラクターから人気が出たブランドで、私服でも使えるヨガウェアです。

ポール・マッカトニーの娘が展開するヨガウェアブランド「Stella McCartney」

何をご冗談を?とお思いでしょうが本当です。ビートルズのポール・マッカトニーの実娘がなんとヨガウエア専門のブランドを立ち上げました。どのカテゴリである、高くて過剰品質でオシャレにこだわりましたというコンセプトです。こちらはポール・マッカトニーの娘だけあって人脈もあることでしょう、ご察しの通りにインストラクターというよりは芸能人や著名人の愛用者から人気がでたブランドです。

本気でモテるヨガ男子になるために、ココロもカラダも修行していきましょう。


これも推薦記事

牧瀬里穂劣化

3M人気順でいったら、宮沢りえ>>観月ありさ>>>牧瀬里穂だったはず。

宮沢りえ&牧瀬里穂&観月ありさ …