速報
ホーム » ライフログ » 世界三大ミスコンの違いを知ればミスがもっと美しく見える。ミス・ワールド、ミス・インターナショナル、ミス・ユニバースのそれぞれの違い。

世界三大ミスコンの違いを知ればミスがもっと美しく見える。ミス・ワールド、ミス・インターナショナル、ミス・ユニバースのそれぞれの違い。

世界を代表するミス・コンテストとは?

世界三大ミス・コンテストは、ミス・ユニバース、ミス・ワールド、ミス・インターナショナルの3つ。ミスのコンテストだけあって、だいたい10代後半〜20代前半までの未婚女性に出場権利がある。美のオリンピックと言われており、見た目の美しさだけではなく国際社会への貢献を含めた才色兼備の女性たちが集結する大会である。

その歴史は意外と古くて、ミス・ワールドが1951年に初めて開催されたのを皮切りに、ミス・ユニバース、ミス・インターナショナルと1950年代から一気にミスコンブームが広がっていった。ミスコン上位の入賞者は世界中から注目を集めるため、ミスコンが終了したあとも主催者側と契約をし、PRイベントや国際社会奉仕活動などに積極的に出演するのが常である。日本人に馴染みがあるのは、ミス・ユニバースだろうか。1959年に児島明子さん、2007年に森理世さんがグランプリを受賞したミスコンである。

ミスコンの違いは、主催国の違いにある。

世界三大ミスコンの違いは、主催者によって異なる。まず主催者は民間企業のコンテストと、社団法人のような公共機関が担うコンテストがある。さらに、ミス・ワールドはイギリスが主催国、ミス・ユニバースはアメリカが主催国、ミス・インターナショナルはなんと日本が主催国なのだ。各国のミス代表が集い、最終的に国際ミスを決めるコンテストの流れは共通している。

ミス・ユニバースの主催はアメリカのニューヨークにあるミス・ユニバース本部で、不動産王ドナルド・トランプの財団と、テレビ局であるNBCグループが協同で開催している。その理念は単なるミス・コンテストの枠を超えた、オピニオンリーダーの創造である。ミス・ユニバースは全般的にグラマラスな女性が選ばれると言われている。

ミス・インターナショナルは、実は日本が開催権を持っているのだ。主催は遮断防塵の国際文化協会。もともとは、アメリカが主催だったものの、大阪万博のメインイベントとして利用するために1968年から権利を譲渡された。その歴史からお分かりの通り、日本のPRの位置付けも担うのがミス・インターナショナルである。外務省や国土交通省の後援のもと、世界の代表たちが鎌倉や日興、横浜などの観光地を訪れ、その模様を世界で配信される。

ミス・ワールドは、イギリスが発祥。水着のビキニが流行りつつあった時代にビキニコンテストを企画したのが始まりである。ちなみに、最初の発案者はバーの経営者であったエリックモーリーある。彼は世界で一番の美女を探そうと、この企画を毎年開催することとした。2000年まで約50年間に渡って彼がミス・ワールド機構の代表として君臨続けたが、現在は妻のジュリアモーリーがその約を引き継いている。また、水着審査がその特徴であったのものの今年2015年からは水着審査が廃止される。

ミスコンの選考基準が気になる

細かい審査基準は公開されていないが、今までの傾向から言えるのは、ミス・ユニバースはいわゆるモデル体型の女性が多いく、ミス・ユニバースはグラマラスな女性が多く、ミス・インターナショナルは着物が似合うようなコンサバ系な女性が多いと言われている。これは主催国や開催国の国民性が表されているような気がする。

定規杓子の審査基準を紹介すると、ミス・ユニバースではこうだ。「まずは水着審査で健康的な肉体や、ドレス衣装審査では着こなし方と表現力を見る。その後の面接では、内面の美しさや知的さを審査する。何よりも女性の見本や手本となる人物を探し続けている」といった審査基準である。ちなみに、第一回目からその審査基準は一切変更されていないようだ。

ミス・ユニバースの審査で特徴的なのは、普段の生活態度も審査され続けていることだ。かといって盗撮されているわけではない。各国代表が集まる一ヶ月間のミス・ユニバース月間に現地住民との交流や国際交流イベントに参加することが義務付けられており、そこでのコミュニケーション能力や疲労時の対応などもしっかりと審査されているようだ。

日本人の目からみても、恐らくミス・ユニバースとミス・ワールドが頭ひとつ飛び抜けていると感じるはずだ。日本国開催のミス・インターナショナルはひかくてきおとなしめのコンサバ系な女性が多く、誰がみても美人だと思える人がいない年もある。2014年の日本代表は特にそういう話が多かった年でもある。

え?綺麗、、だよね?ミス・インターナショナルの日本代表

2014年のミス・インターナショナル日本代表は、上智大学外国語学科3年の本郷李來(ほんごう りら)さん(21歳)となった。その前年もファイナルまで進出しているわけだから、恐らく実物はもっと美人なんだと思う。しかし、少しだけ違和感を覚えたのは私だけか?

ミス・インターナショナル日本代表

ミス・インターナショナル日本代表2

ミスコンは外見だけでなく、知性や振る舞い、表現力など総合的な美しい女性を選ぶもの。だからこの写真2枚だけでとやかく言うつもりはないけど、だけど、他にいなかったんですかね?と思ってしまう。結局、日本代表がミス・インターナショナル(つまり世界一)になることはなかった。

え?紅白歌合戦?ミスコンがカオス化している

世界三大ミスコンは、国際大会なので各国代表が集まる。つまり、国の代表である。ファイナルコンテストでやることは国のアピールでもある。最近は国際化とナショナリズムの精神が非常に強いらしく、ミスコン自体がまるで紅白歌合戦なみの衣装になっていると話題に。

ミス・インターナショナル日本代表衣装
ミス日本代表衣装
ミス・インターナショナル日本代表衣装
ミス中国代表衣装
ミス・インターナショナル日本代表衣装
ミス日本代表衣装