速報
ホーム » カメラ関連アイテムレビュー » 16年ぶりのモデルチェンジに沸くキヤノン超望遠EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

16年ぶりのモデルチェンジに沸くキヤノン超望遠EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

キヤノンが、EFマウントの超望遠ズームレンズ「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」を正式発表

http://cweb.canon.jp/newsrelease/2014-11/pr-ef100-400-f45-56l-is-ii.html

  • キヤノンからEFレンズシリーズの新製品として、 幅広い望遠域を1本でカバーする超望遠ズームレンズ”EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM”が発売されます。2014年12月下旬より発売予定。
  • “EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM”は、最高水準の性能を追求したプロフォトグラファー向けの「L(Luxury)レンズ」です。同製品は、発売当初から高い評価を受け続けるロングセラー製品「EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM」(1998年12月発売)の16年ぶりの後継機で、最新の光学設計により従来機種から大幅に画質が向上しています。
  • 光学特性に優れ、色収差を抑える蛍石レンズ1枚とスーパーUDレンズ1枚を含む16群21枚からなる最新の光学設計により、焦点距離100-400mmのズーム全域において、画面周辺部まで高画質を実現しています。さらに、垂直に近い角度で入射する光に対して大幅な反射防止効果を発揮するキヤノン独自の新開発コーティング技術「ASC(Air Sphere Coating)」を採用し、フレア・ゴーストを大幅に抑制しています。
  • IS(手ブレ補正機構)がシャッター速度換算で従来機種の1.5段分から4段分に大幅に向上しています。また、従来機種に搭載されていたスポーツなどの流し撮りに最適な「ISモード2」に加え、不規則な動きの動体撮影時に最適な「ISモード3」を新たに搭載しています。
  • ズーム方式を直進式から回転式へと変更することでホールディングバランスを良好に維持したままの撮影が可能です。さらに、ズームリングのトルクも好みのレベルに調整が可能です。加えて、レンズをカメラに装着したまま取り外せる独立構造の新三脚座を採用するなど、優れた操作性を備えています。
  • フィルター径は従来と同じ77mm。絞り羽根は従来の8枚から9枚に増えました。最大径×全長は94×193mm(従来品は92×189mm)。三脚座無しの重量は約1,570g(同1,380g)、三脚座有りの重量は約1,640g(同1,530g)。

 

16年ぶりのモデルチェンジとあって、光学系は一新され、新たなコーティングと最新ISが搭載されました。やっとニコンのナノクリに並んだとネット界隈では騒がれています。私はニコンユーザーなのであまりキヤノンレンズには明るくないですが、これは素人目にも華やかな話題ですね。

旧モデルとのいくつかの違いといえば、旧モデルではズーム形式が直進式ズーム出会ったのに対して今回の新モデルは回転式ズームです。ズームリングとピントリングの間に、ズームリングのトルク負荷を調整できる調整リングがあるようです。これは旧モデルも同じですね。ただ、リングの開店に応じて少しづつ負荷が変化する構造になってようで、調整が容易になったとのこと。

価格は定価が30万円ですが、Amazonあたりでは26万強の値段。着地は24〜26万あたりで値付けされそうです。納品予定は年内は間に合わなさそうで1月1日〜1月3日目処だそうです。クリスマスプレゼントとはいきませんが、年末が楽しみですね。

旧モデルのEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMはいまいくら?

1998年に発売された旧モデルのEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは、今日現在価格で17万円程度です。約半額ですので、こちらを手にするという選択肢もあるのかもしれませんが、なにせ16年前のモデルなので、さすがにこれから値下がりしそうです。


コメントを残す